On THE SCREW I.C.E UT その2


ムジークの新しいユーティリティ”On The Screw I.C.E” 年初からご注文や多くの問い合わせをいただきありがとうございます。

問い合わせで多いのは、どこで売っているか、価格は?そしてどんなシャフトが合うのか?

今回のI.C.E UTはアイアン型なので、ホーゼル内径は9.45mmなのでユーティリティ用シャフトよりアイアン用シャフトを選択する工房さんが多いですね。

相性が良いとされるのはAEROTECH社のスチールファイバー。フジクラ社のMCI, 以外とスチールシャフトを入れることも多いようです。

フルチタンのI.C.Eボディは約120グラム。

タングステンを内部圧入して、外側にもタングステンスクリューを装着したソール部分が約108グラム。

重量の約47%がソールに集まっている訳です。21度でも超高弾道な理由がそこにある訳です。

形状はアイアン型ですが、重心深度はウッド型並、しかもかつてない低重心ですから。。。

ただし、グリップエンドから最も遠い場所に加重があるため、シャフトの動きにも影響があるのも確かです。

テスト用にKBS90ユーティリティ用のSを入れたことがあるのですが、感覚的にはRからSRの硬さになってました。

アイアン用は先端がしっかりしているものが多いので影響は少ないのですが、ユーティリティ用だとワンフレックスは硬めを選択した方が良いかもしれません。

 

現在、24度は欠品中ですが、今月23日頃には再入荷しますので、少々お待ちください。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です